Androidで3Dタッチを使うならNova Launcherが断然おすすめ!

Nova Launcher
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

iPhoneの魅力的な機能の一つ、3Dタッチ機能があり、アプリを少し押し込むようにタッチすると、ショートカットで目的の機能をかんたんに使える、大変便利な機能があります。

現在Androidは一部の端末を除いて、ほとんどのAndroid端末が3Dタッチが非対応の状態です。Android7.1以降のバージョンを利用しているユーザーは、3Dタッチに似ている機能、「アプリショートカット」機能があります。

しかしAndroid7.1移前のユーザーは、「アプリショートカット」機能を使うことが出来ません。

今回はAndroid7.1以降の「アプリショートカット」機能の使い方と、Android7.1以前のOS(Android5~Android7)で「アプリショートカット」機能を使えるようにするアプリなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Android7.1以前のOSで3Dタッチを使う

Android7.1以前のAndroidOSだと、3Dタッチ機能を標準で使う事ができません。

しかし、ホームランチャーアプリで有名なNOVA Launcherを使うと、Android5~Android7.1のOSで3Dタッチ機能を使う事ができます。

このNOVA Launcherは3Dタッチ機能を、カスタマイズする事もでき、Android7.1以降のOSをでも利用しても良いかもしれません。

細かい設定と、3Dタッチのカスタマイズ方法を、紹介していきます。

NOVA Launcherで3Dタッチを使う

NOVA Launcher(ノバ ランチャー)をダウンロードしてください。

そして、一番大事なNOVA Launcherをカスタマイズするアプリ、Sesame Shortcuts(セサミ ショートカット)をインストールします。

NOVA Launcherで3Dタッチを設定する

NOVA Launcherの設定を開き、Integrations(インテグレーション)をタップします。

Integrationsの設定で「メニューのショートカット」を、オンにします。

これで、3Dタッチに対応しているアプリなどは、これで使えるようになっています。

NOVA Launcherで3Dタッチをカスタマイズする

NOVA Launcherで3Dタッチを、使えるようにできたいと思います。

LINEなどは3Dタッチに対応していないはずです。なので、LINEや3Dタッチに対応していないアプリを、3Dタッチに対応するようにカスタマイズしていきます。

[NOVA Launcher]→[Integrations]→[Sesame Shortcuts]の順番で進んで行きます。

Sesame Shortcutsを開くと、[App With Shortcut]の一覧にいろいろなアプリが表示されます。
[Chrome(クローム)]に新しい3Dタッチの項目を追加していきます。

新しい3Dタッチ機能を追加したいアプリを選びます。
Chromeの場合は、3Dタッチで開きたいサイトを登録する事ができます。

「LINE」の場合は、3Dタッチでアクセスしたいグループや、個人チャットを追加できます。

スポンサーリンク

Android7.1以降で3Dタッチを使う

Android7.1以降では3Dタッチが、どのAndroid端末でも使えるようになっています。

しかし、アプリが3Dタッチを使える機能を搭載していないと、使えないので注意しましょう。

Googleの純正アプリはほとんど3Dタッチに対応しています。またビジネス系のアプリや、スケジュール系のアプリなどは、3Dタッチに対応している事が多いです。

スポンサーリンク

まとめ:NOVA Launcherの3Dタッチ機能が優秀すぎる

Android7.1以降のOSを使用していなくても、3Dタッチ機能を使えるように出来るNOVA Launcherは大変優秀なアプリだと思います。

またAndroid7.1と違い、自分で3Dタッチ機能をカスタマイズ&追加できるのが最大の魅力だと思います。

コメント