Androidのキャッシュをクリアする方法とおすすめアプリ2選

ツール
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

Androidの挙動が不審になったり、Androidのストレージ容量がいっぱいになってしまった時に、一番簡単な解決策として紹介される「キャッシュクリア」を今回は詳しく解説していきます。

また、必ずしキャッシュクリアすれば、Androidの挙動が軽くなったりするわけではない理由も紹介していきます。

この記事を読むとわかる事
  • Androidのキャッシュとは何か?
  • Androidのストレージを簡単に減らす。
  • Androidアプリの挙動を改善できる。
  • 簡単にキャッシュを管理できるアプリの紹介
スポンサーリンク

Androidのキャッシュとは?

PCやスマホなどで、よく言われる「キャッシュ」とは、細かく説明すると、かなり難しいお話になりますが、すごい簡単に説明すると、スマホでアプリなどを起動する通常、ユーザーが求める情報の1~10まで読み込む必要があります。

通常毎回、1~10の情報をアプリを起動するたびに読み込みをすると、かなりスマホで情報を処理したり、インターネットの通信をしたりする必要があります。

しかし、「キャッシュ」と言う機能を使えば、スマホのストレージに1~8まで情報を仮保存(キャッシュ)しておき、残りの9~10をアプリを起動するたびに、スマホで処理したりすれば、高速&低通信量でアプリが起動できます。

結果、この「キャッシュ」と言う機能を使えば、1~10を処理するよりも、9~10までしか処理しなくて良い、状態にしたアプリの方が高速&低通信量にでアプリが起動します。

「キャッシュ=仮保存した情報」と覚えておけば良いでしょう。

スポンサーリンク

Androidのキャッシュのメリット

上記で簡単にAndroidの「キャッシュ」を紹介しましたが、実際に「キャッシュ」がある事でどんなメリットがあるかを見ていきます。

Androidアプリの処理を高速化

毎回アプリの読み込む情報を1~10読み込むより1~8をスマホに仮保存(キャッシュ)しておき、残りの9~10だけを読み込むだけの状態を作っておくと、アプリの起動が早くなったり、操作が快適になったりします。

なので、初めて起動したアプリやアップデートしたばっかりのアプリなどを起動した時、通常のアプリの起動速度より少し遅かったりするのは、この仮保存(キャッシュ)がない状態で起動しているからです。

Androidスマホの通信データを軽減

インターネットで、SNSやネットサーフィンをしていると、初めて訪れるページは表示が遅く感じる事があると思います。

これは、初めて訪れるサイトや動画やSNSは、キャッシュが無い状態で通信するので、1~10の全てを通信しなければなりません。

しかし、2度目のサイトの閲覧などは、サイトの情報がスマホに仮保存(キャッシュ)されているので、1~10まで通信しなくても、1~8までの情報を仮保存(キャッシュ)を読み込み、残りの9~10を通信して、表示すればサイトの表示速度が早くなります。

1~10の情報を毎回通信するよりも、9~10の少ない情報を通信した方が、スマホの通信データを節約する事ができます。

スポンサーリンク

Androidのキャッシュのデメリット

「キャッシュ」は上記の説明を見れば、アプリの起動が早くなったり、サイトの表示が早くなったりと、メリットしか無いように見えますが、少なからずともデメリットも存在します。

Androidのストレージ容量の圧迫

キャッシュとは、仮保存(キャッシュ)した情報(データ)なので、このキャッシュが沢山貯まると、スマホのストレージを圧迫することになります。

キャッシュは一つ一つは、小さいデータなのですが、これが沢山貯まるとかなりスマホのストレージを圧迫する原因の一つにもなります。

Androidアプリの挙動不安定

通常、アプリのキャシュはアプリの挙動や起動を安定するためにありますが、逆に間違った情報がキャッシュされてしまうと、アプリが起動しなくなったり、起動してもすぐ落ちたりする状況になってしまいます。

スポンサーリンク

Androidのキャッシュは消しても大丈夫?

結論から言うと、ほとんどのアプリはキャッシュを消去しても大丈夫です。

キャッシュを消す事によって、アプリの仮で保存された情報(キャッシュ)が消えるだけなので、次にアプリを起動するときに、新しくまたキャッシュが生成されます。

まれに、アプリのキャッシュを削除したあと、またログインをし直したりする手間があったりします。

スポンサーリンク

Androidアプリのキャッシュを削除する方法

  1. Androidの「設定」を開きます。
  2. [設定]の項目から[アプリと通知]をタップします。
  3. [アプリと通知]で、[最近開いたアプリ]の項目で、[〇〇個のアプリを全て表示]をタップします。
  4. [アプリ情報]でインストールされている全てのアプリが一覧で表示されているので、キャッシュを消したいアプリを選んでタップします。
  5. [アプリ情報]で表示された項目から、[ストレージ]をタップします。
  6. [ストレージ]で表示された項目から、[キャッシュを削除]をタップします。
  7. [使用済み容量]の項目で[キャッシュ]の項目が[0B]と表示されていれば、キャッシュ削除が完了です。
    ※キャッシュ削除は、3~10秒ほどがかかります。
スポンサーリンク

Androidアプリでキャッシュを管理する方法

PCでソフトで有名なアプリ「CCleaner」

パソコンのフリーソフトとしてかなり有名なソフトです。

パソコン版のソフトでは、容量の管理やいらないソフトをきれいに削除してくれるすごい万能なソフトです。

パソコンで培った技術を、無料でスマホで使えるようになっています。

Yahoo!が作っている人気アプリ「Yahoo!最適化ツール」

有名企業Yahoo!がつくった、システム管理アプリです。キャッシュクリア以外にも、スマホが重くなったり、挙動がおかしく感じたら、このアプリを使うと大体の問題は解決する、優れものです。

スポンサーリンク

まとめ

Androidのキャッシュの仕組みと、消し方はわかってもらえたと思います。

今回は、Androidの設定から一個一個アプリのキャッシュを個別に消す方法を紹介しましたが、Androidのバージョンによっては、一括で削除出来たりします。

一括で削除できない、Androidの人は上記で紹介したアプリを使って、キャッシュを削除する事をおすすめします。

コメント