Android版Chromeを快適にする最強Flags設定9選

Android版Chromeを快適にする最強Flags設定9選Chrome

現在のAndroid版Chromeで、特に不満なChromeを使っていると思いますが、今回は筆者が実際に使っている、Android版Chromeでかなり使える、flags設定をできるだけ、画像付きで詳しく解説します。

・Android版Chromeもflags設定で高速化設定ができます。
・Android版Chromeのflags設定方法を丁寧に解説してます。
・自分に必要な機能だけ、flagsの設定ができます。

スポンサーリンク

Android版Chromeのflags設定で高速化&快適に!

ほとんどの人は、このAndroid版Chromeを快適に使っていると思います。

しかし、この記事にたどり着いたAndroid版Chromeのヘビーユーザーのあなたは、どこか少しAndroid版Chromeに不満がある人や、さらに快適に使える機能を求めていると思います。

できるだけ、使える機能に絞って、詳しく解説します。

flags設定ってなに?

flags設定とは、Android版Chromeにまだしっかりと最適化されていないが、その機能を求めている人に向けて、設定をした人だけに使えるようになる、試験機能の事です。

先行的に試験機能を、設定してその機能を各ユーザーが試す事で、Android版Chromeの開発の手助けにもなります。

スポンサーリンク

flags設定は今後のChromeの標準機能になるかも?

Android版Chromeでflags設定で、人気の機能やよく使われた機能などは、今後のAndroid版Chromeの最新バージョンで、標準機能になる事もあります。

また、人気の無い機能や不具合が多かったflags設定の機能は、flags設定からも消える事があります。

現在の標準機能も、昔はflags設定でしか使えなかった

現在のAndroid版Chromeのバージョンで使える用になった、タブグループ機能なども昔は、flags設定で先行的に試験機能を開放してました。

色々なユーザーが使う事で、今のAndroid版Chromeで標準機能になり、安定して使う事ができるようになりました。

スポンサーリンク

Flags設定でできる、高速化設定

Android版Chromeを快適にする最強Flags設定9選

まずは、Android版Chromeで高速化できるflags設定を紹介します。

flags設定ですが、各機能説明の下にflags設定に直接飛べるリンクを載せていますので、コピーしてアドレスバーにコピーして、開いて下さい。

低速通信の時に、サイト表示を高速化

NoScript previews

通信制限や、電波の入りが悪い場所などで、発揮されるflags設定です。

サイトの表示に一番読み込みが遅くなってしまう、JavaScriptのファイルを読み込まない事で、低速通信時に、サイト表示を早く読み込む事が期待できます。

注意

低速通信時に、JavaScriptを読みこない事で、サイトの表示が早くなる事が期待できますが、サイトの表示が崩れたり、サイトのボタンをタップしても反応しなくなる事があります。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-noscript-previews

低速通信の時に、プレビューを表示する

Enable resource loading hints

通信制限や、電波の入りが悪い場所などで、発揮されるflags設定です。

サーバーから提供される、リソースを元に通信が遅い時に、先にプレビューだけでも表示させます。

全部のサイトに適用される、flags設定ではありませんが、通信状況が悪い時などに、使える事があります。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-resource-loading-hints

最新の通信プロトコルを使用する

Experimental QUIC protocol

通信プロトコルの話は、かなり難しく専門的な話になってしまいます。

簡単に説明すると、データのやり取りの方法を、実験段階の通信方法に変更するという物です。

詳しく知りたい人は下記のページがかなり参考になります。

通信プロトコルとは何ですか? | ジャパンセンサー株式会社
放射温度計の老舗メーカー ジャパンセンサーのよくあるご質問「通信プロトコルとは何ですか?」

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-quic

GPUを使って高速化する

スマホの中にはCPUとGPUの合体した物、SoCという物が入っています。

CPUだけで、全部処理をしようとせず、GPUに余裕があれば、GPUに処理を補助してもらったり、GPUだけで処理したりするflags設定です。

Override software rendering list

Enabledに変更します。

chrome://flags/#ignore-gpu-blocklist

GPU rasterization

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-gpu-rasterization

Zero-copy rasterizer

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-zero-copy

Accelerated 2D canvas

Enabledに変更します。

chrome://flags/#disable-accelerated-2d-canvas

開発中のWEBプラットフォームを使用する

Experimental Web Platform features

Googleが開発している実験的なWEBプラットフォームを利用する事で、サイト表示の高速化が見込めます。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-experimental-web-platform-features
スポンサーリンク

Flags設定でできる、快適設定

Android版Chromeを快適にする最強Flags設定9選

Android版Chromeで設定できる、快適なFlags設定を紹介します。

全てのFlags設定を有効にするのではなく、自分が欲しい機能があればFlags設定を有効にして下さい。

また、全てのAndroidに対して保証された物ではないので、Flags設定を有効にする事で、Android版Chromeに不具合が起こる事があります。

Androidのツールバーに機能を追加

Enable Toolbar IPH on Android

Androidの下に表示されている[◀ ● ■]の部分を、Chromeで使える用に変更します。

[◀]のマークを長押しする事で、[新しいタブ]か[全履歴を表示]のメニューが出てくるので、選ぶ事ができます。

[■]のマークを長押しする事で、Chromeの右上に表示されている[︙]のメニューが展開されます。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#toolbar-iph-android

サイトのスクロールを滑らかにする

Smooth Scrolling

アニメーションを使用して、サイトの上下のスクロールを滑らかにします。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#smooth-scrolling

強制的にダークモードを適用する

Force Dark Mode for Web Contents

サイトの背景を強制的にダークモードで表示します。

ダークモードで表示する事で、目の疲れが軽減される事が見込まれています。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-force-dark

言語て検出して、翻訳を強化する

Experimental accessibility language detection

Android版Chromeで、現在の設定で翻訳できなかった、文字などをスクリーンレコーダー機能を使って翻訳を強化できるFlags設定です。

全ての外国語を翻訳できるわけではなく、現在の翻訳機能の強化と思って下さい。

Enabledに変更します。

chrome://flags/#enable-experimental-accessibility-language-detection
スポンサーリンク

Android版ChromeのFlags設定の注意点

Android版Chromeを快適にする最強Flags設定9選

Android版ChromeのFlags設定は、全てのAndroidに対応している機能ではないので、1つずつ有効にしていき、Android版Chromeに不具合がでないか、慎重に設定してください。

もし、意図しない不具合や、バグなどが出てしまった場合は、Flags設定を見直して設定の変更を行って下さい。

Android版のChromeバージョンアップでなくなる?

Android版Chromeはかなりのスパンでアップデートがあります。

アップデートする事でFlags設定がなくなったりする事がよくあります。また、Flags設定で有効にしないと使えなかった設定が、Android版Chromeの標準機能になったりする事もあります。

高速化設定でAndroid版Chromeが安定しなくなる?

上記で紹介した、Flags設定でAndroid版Chromeを高速化する方法ですが、高速化する事で実験的なシステムを使ったりするため、安定してサイトが表示されなかったりする事があります。

何度も、不具合がでてしまう事があるようでしたら、まずは高速化設定をリセットして下さい。

自分の環境に合うFlags設定で、快適なChromeに!

Androidは、iPhoneと違い規格などが統一されていない部分があったり、各メーカーのオリジナル機能などが、搭載されている事が多いです。

Android版ChromeもFlags設定で、自分好みにカスタマイズできますが、予期せぬ不具合などがあるので、気をつけて設定して下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました