Androidでゲームパッドの選び方と注意点+おすすめゲームパッド

コントローラー
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

最近のゲームアプリは操作が複雑過ぎる!!

そんな事を少し感じながら、色々なゲームで遊んでいます。
特に最近は、スマホゲームはバトルロワイヤル系のゲームが沢山増えてきて、凄いにぎわっています。

かと思えば、YouTubeの影響か人狼系ゲームもランキングに入ってきたり、していて中々に面白いジャンルのゲームアプリが増えつつあります。

今回は、そんなゲームアプリでスマホゲーマーなら、一度は悩んだ事のある、スマホゲームパッドの選び方、スマホゲームパッドを選ぶ注意点などを、細かく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スマホゲームパッドの選び方

スマホゲームパッドに限らず、PCやXbox OneやPS4など色々なゲーム機に言える事ですが、スマホにもゲームパッドの選び方が存在します。

最近は色々なメーカーからスマホゲームパッドの新作が出ています。デザイン性が良かったり、ボタンの配置にこだわっていたり、持ち運びに特化している物など、色々と存在します。

その中から、重要なポイントをしっかりとピックアップして、自分に合うゲームパッドを選びましょう。

ゲームパッドの接続方法が有線タイプか無線タイプか?

これは、他のゲーム機でも最初に悩む内容です。
スマホのゲームパッドにも、この問題は存在します。

またこの有線タイプと無線タイプの違いは、他のゲーム機と違う問題が発生します。

スマホと他のゲーム機の大きな違いは、”携帯性”、”バッテリー”、”接続規格の変化”です。

スマホと他のゲーム機の大きな違い”携帯性”

携帯性は、ゲームパッドの使い方によって、問題にならない事もありますが、スマホの携帯性と一緒に、ゲームゲームパッドも一緒に携帯する事を考えている人もいると思います。

Bluetooth接続だと、その分コードレスなので携帯性に優れています。

有線接続タイプだと、最低30センチぐらいのUSBコードが一緒になっている場合があります。

持ち運びの携帯性を考えると、やはりBluetoothが有利になりますが、家でガッツリゲームする人などは、逆に有線接続タイプの方が良いでしょう。

スマホと他のゲーム機の大きな違い”バッテリー”

スマホ自体、小さい携帯ゲーム機みたいな物です。本物のゲーム機と比べるなら3DSみたいな物です。

そんな携帯ゲーム機に、ゲームパッドを接続するわけですから、通常では発生しないスマホのバッテリーの、減るスピードがゲームパッドによっては、変化する場合があります。

スマホと他のゲーム機の大きな違い”接続規格の変化”

つい最近スマートフォンは、Micro USBからUSB Type Cに規格が大きく変更されました。

これはスマートフォンの中身の性能が向上し、それとともないUSB接続規格も変化しました。

今後すぐに、またUSBの接続規格が変わる予想はありませんが、目まぐるしく流行が変わるスマホ業界なら、USBの接続規格が変わる事がないとは言い切れません。

これに対応できるのが、無線タイプのゲームパッドです。

デザインか機能のどちらかを重視する

スマホのゲームパッドも一昔前と違い、色々なデザインのゲームパッドが販売されています。

特に最近は、スマホケースとしても違和感なく使えるゲームパッドや、スーパーファミコン風のゲームパッドなどもあります。

このような、デザイン性で選ぶと、長時間プレイ用に向いていなかったり、自分の遊ぶゲームのジャンルに、向いていなかったりします。

デザイン性とは逆に、人間工学から設計されたゲームパッドなどもあります。

人間工学デザインで設計された、ゲームパッドは長時間の使用でも疲れにくいです。

ゲームのジャンルやタイプで選ぶ

自分が遊ぶゲームによってもやはり、ゲームパッドを選ぶ基準が変わってきます。

アクションゲームやFPSゲームなどは、一度に沢山のボタン操作が可能な事や、ゲームパッドの反応速度などを重視して選ぶと良いでしょう。

またMMRPGやシミュレーションゲームのような、ゆったりしたゲームは長時間のプレイが想定される場合は、疲れにくいゲームパッドを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

スマホゲームパッドで注意すべきこと

スマホゲームパッドの選び方が、だいたいわかったと思いますが、今度はゲームパッド選びの注意点などを説明していこうと思います。

この注意点を怠ると、スマホゲームが遊べなかったり、使えない機種を買ってしまったりと、後悔する可能性があるので、注意してください。

スマホゲームパッドの接続方法で注意する

スマホゲームパッドは、主に2種類の接続方法があります。

1つ目はUSB接続になります。USBでスマホ本体と接続しますが、この接続するUSBの規格と、接続方法を気をつけないと、買っても「使えない…」となってしまいます。

2つ目はBluetooth接続です。Bluetooth接続は、ほとんどのスマホで接続が出来まが、少し間違えると、ただの置物になってしまいます。

有線タイプで気をつける事

Androidで、ゲームパッドを使用する場合に、有線タイプで気をつけたいポイントは、まず接続方法です。

Androidは現在USB Type-Cが、主流になりつつありますが、まだMicroUSBを採用されている機種もすくなくありません。

それに合わせつつ、ゲームパッドを作っているメーカーも、USBの接続規格を変更してきています。

例えば、AndroidのUSB接続が、USB Type-Cの場合でゲームパッドがMicroUSBだった場合、接続規格が合わなく、せっかくのゲームパッドが無駄になってしまいます。

なので、Androidで使うゲームパッドで有線接続タイプを買う場合は、接続規格に気をつけて選びます。

また、有線接続タイプのゲームパッドだと、基本的にスマホのバッテリーを使用して、ゲームパッドを動かします。

有線接続タイプのゲームパッドは使う電力分がAndroidの、バッテリーから使用されます。

Androidのバッテリーから電力を使用するので、必然的にAndroidのバッテリーの減りが早くなります。

有線接続タイプのほとんどのは、ゲームパッドを接続しているときに一緒に充電が出来ません。

バッテリーが長持ちするタイプのスマホか、家の中での使用に向いています。

無線タイプで気をつける事

ゲームパッドの無線タイプは、基本はBluetooth接続になります。

今、一般的に販売されているAndroidは、ほとんどがBluetoothが搭載されています。

AndroidでBluetooth接続ができない機種はないですが、ゲームアプリがBluetooth接続のゲームパッドに対応していない場合があります。

また、BluetoothのゲームパッドはBluetoothのバージョンによって、ゲームパッドの接続した時の反応スピードなどが変わってきます。

最低でも、Bluetooth4.0以上の規格の物を選択しましょう。

ゲームパッドの充電方法とバッテリーに気をつける

無線タイプのゲームパッドは、主に2種類のバッテリーがあります。

どちらも、メリットとデメリットが存在するので、自分にあうタイプのゲームパッドを選びましょう。

充電式バッテリーのメリットとデメリット

これは、スマホと同じでバッテリーが内蔵されているゲームパッドで、繰り返し充電しながら使用します。

このバッテリータイプのゲームパッドは、だいたい300mAh前後ぐらいが主流になっています。

バッテリー容量が300mAhで、連続使用時間はだいたい15時間~17時間ぐらいになります。使用している、ゲームアプリなどによって連続使用時間が変わってきます。

バッテリータイプのゲームパッドは、バッテリーの残量がなくなると、充電が必要になるため、その間ゲームパッドの使用が不可能になります。

電池式バッテリーのメリットとデメリット

電池式のゲームパッドは、基本的には電池がなくなると、ゲームパッドが使用できなくなります。

しかし、電池式のゲームパッドは予備の電池があれば、電池が切れても電池を交換すれば、すぐに連続使用が可能になります。

しかし、バッテリータイプより、連続使用時間が短いのがほとんどです。

ゲームアプリが対応しているかで選ぶ

有名なゲームアプリなほど、ゲームパッドに対応している事が多いですが、オンライン対戦アプリだと、逆にプレイヤーの正当性を保つために、ゲームパッドの使用ができないようになっているゲームアプリもあります。

Amazonなどでの購入の場合は、一回自分が遊ぶゲームアプリを質問するか、または、[ゲームアプリ+ゲームパッド]で調べてください。

スマホゲームの大会などで気をつける

特に気をつける事は、ゲームアプリのオンライン大会などでの使用です。

公式がゲームパッドの使用を、公認している場合は使用可能ですが、答えやゲームパッドの使用について答えが曖昧な場合などは、絶対に使用を控えてください。

ゲームパッドの使用については、まだ一般的な物ではありません。また、ゲームパッドについては、あまり好ましく思わない人がいるのも現状です。

スポンサーリンク

Android対応 おすすめ無線タイプゲームパッド

おすすめ無線タイプゲームパッド1

有名な対応ゲームアプリ

モダンコンバット5ワールドオブタンクスブリッツ
マインクラフトその他145のゲームアプリ対応

Bluetooth接続で400mAhと、大容量のバッテリー搭載のゲームパッドになります。

また対応ゲームが145種類のゲームアプリに対応と、なっています。ゲームパッド会社が公式でこんなにゲームアプリを発表しているのは珍しいです。

また、ゲームパッドの形がXboxのコントローラーに配置が似ています。ゲームパッドの使用になれるまでの時間が少なくてすみます。

この会社のゲームパッドは、もし初期不良にあたってしまっても45日間の返品と、75日の交換に対応しています。

このゲームパッドは、専用のアプリを使用してゲームアプリを動かします。

ゲームパッドの購入の前に一度、自分の遊ぶゲームアプリが対応しているかを、確認してください。

おすすめ無線タイプゲームパッド2

AndroidとIOSの両方に対応している、珍しいタイプのゲームパッドになります。

最近流行りの、PUBG mobileや荒野行動に対応しています。

綿密な設計で、特殊な形のコントローラーになります。

¥7,199と少し高いコントローラーですが、値段相当のしっかりした設計と、耐久性や機能を備えています。

スポンサーリンク

Android対応 有線タイプゲームパッド

コメント