簡単に重いスマホ版Chromeをサクサクに軽くする方法

Chrome
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

Androidの標準ブラウザとして搭載されている、Chromeを軽くする方法を紹介していきたいと思います。

Chromeは、自動ログイン機能がついていたり、最近アクセスしたページに、すぐにアクセスできたりします。

また、Googleが作っている事もあって、Androidとの愛称も抜群で、PCとの連携もずば抜けています。

スポンサーリンク

スマホ版Chromeを軽くする方法

スマホ版Chromeは、他のAndroidのブラウザアプリよりかは、比較的軽いですが、何かしらの原因で重くなります。

重くなると、Chromeでのページ表示速度が遅くなります。

そんな表示が遅くなった時のスマホ版Chromeの対処法を、色々と紹介します。

スマホ版Chromeの設定で軽くする

まずは、スマホ版Chromeの設定を変更して、Chromeを軽くします。

アクセスエラー時の候補表示をOFFにする

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[設定]をタップします。

詳細設定の項目の中の、[プライバシー]をタップします。

プライバシーのなかに表示されている[アクセスエラー時の候補表示]をOFFにする。

検索とサイトの候補を表示をOFFにす

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[設定]をタップします。

詳細設定の項目の中の、[プライバシー]をタップします。

プライバシーのなかに表示されている[検索とサイトの候補を表示]をOFFにする。

利用状況と障害のレポートをOFFにする

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[設定]をタップします。

詳細設定の項目の中の、[プライバシー]をタップします。

プライバシーのなかに表示されている[利用状況と障害のレポート]をOFFにする。

「トラッキング拒否」をOFFにする

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[設定]をタップします。

詳細設定の項目の中の、[プライバシー]をタップします。

プライバシーのなかに表示されている[トラッキング拒否]をOFFにする。

バックグラウンド同期をOFFにする

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[設定]をタップします。

詳細設定の項目の中の、[サイトの設定]をタップします。

サイトの設定のなかに表示されている[バックグラウンド同期]をOFFにする。

データセーバーをONにする

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[設定]をタップします。

詳細設定の項目の中の、[データセーバー]をタップします。

データセーバーをオンにします。

いらないデーターを消して軽くする

ブラウザには、サイトの訪問した時にキャッシュと言う物と、履歴をスマホ版Chromeに保存されます。

保存された、色々なデーターが多くなりすぎると、重くなってしまうので、このデーターを消していきます。

閲覧履歴を消して軽くする

Chromeの右上の[︙]をタップします。

表示された一覧の[履歴]をタップします。

「閲覧データを削除…」をタップします。

基本のタブの期間を[全期間]に変更します。
詳細設定のタブの期間も[全期間]に変更します。

一番下に表示されている、[データを消去]をタップしてデーターを消します。

スマホ版Chromeの裏設定で軽くする

PC版Chromeには、試験機能というモードがあります。

この試験機能とは、安定した動作を保証はできないが、使い勝手が向上したり、Chromeが軽くなったり、ページの読み込み速度が速くなったりします。

この試験機能ですが、スマホ版Chromeにも存在するので、試験機能でスマホ版Chromeを軽くしていきます。

試験機能は

Chrome://flags

このURLで開きます。

また、各設定にURLがあります。そのURLをクリックすると、設定項目にすぐに行けるようになっています。

このURLは最初に「http」や「https」をつけなくても、このままアドレスバーに入力すると、試験機能の一覧が表示されます。

手軽なのに効果絶大『Chrome』を高速化する14の設定(flags)
Chrome を高速化する14の設定。隠し機能flagsを使えば感動するほど高速に。長時間使っていて重くなるケースの改善につながるものも。

このサイトを参考に、この機能はAndroid限定になりますが、使って効果のある機能をチョイスしました。

※この試験機能は、iPhoneやiPad版で配布されているChromeにはありません

タブを閉じる速度を早くする

Fast Tab/Window Close

そのままの意味で、少しだけタブが閉じるのが速くなります。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#enable-fast-unload

表示している以外のタブを読み込むのを中止する

Only Auto-Reload Visible Tabs

一番手前に表示しているタブ以外で、裏で自動的に再読込を始めたり、読み込みを失敗したページなどを、再度読み込みを中止します。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#enable-offline-auto-reload-visible-only

新しい通信プロトコルを有効にする

Experimental QUIC protocol

これは、QUICという新しいプロトコルを使用すると通信速度が速くなります。

詳しい、専門的な事はわからないですが、詳しい情報などはこちらのサイトに記載されています。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#enable-quic

ハイパーリンクの監査を無効にする

Hyperlink auditing

これは、ハイパーリンクに情報を送って監視する事を無効にします。

設定で「disable」を選択

chrome://flags/#disable-hyperlink-auditing

GPUで画像処理を優先する

Override software rendering list

スマホの画像はCPUで処理している事が多いですが、これをGPUで処理するように変更して、CPUの負担を少しでも軽くします。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#ignore-gpu-blacklist

ラスタライズにGPUを使う

GPU rasterization

画像の形式を変えて、GPUでの処理速度を上げます。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#enable-gpu-rasterization

画像表示の同時処理数を変える

Number of raster threads

サイトに使われている画像の読み込みを、初期設定だと1枚ずつ読み込みが始まります。

これを4枚ずつ読み込むように設定して、画像の処理枚数を増やします。

設定で「4」を選択

chrome://flags/#num-raster-threads

Canvasの表示をGPUで行う

Accelerated 2D canvas

HTML5で使われるCanvasの読み込み処理をGPUで処理するように変更します。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#disable-accelerated-2d-canvas

実験的ウェブプラットフォーム機能

Experimental Web Platform Features

上で設定したCanvasの設定で表示されなくなった、Canvasで表示されなくなった内容を表示できるようにするシステムです。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#enable-experimental-web-platform-features

Webフォントの読み込み表示を速くする

FontCache scaling

サイトに使われているWebフォントが数種類あった場合、1種類にしてWebフォントの読み込みを速くします。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#enable-font-cache-scaling

スクロールをなめらかにする

Scroll prediction

これは、スクロールをなめらかにする設定なので、機能的に読み込みが速くなったりするわけではないですが、スクロールのカクつきをなめらかにしてくれます。

設定で「Enable」を選択

chrome://flags/#smooth-scrolling

https://yaruzou.net/chrome-acceleration-flagsー参考

Fast Tab/Window Closechrome://flags/#enable-fast-unloadEnable
Only Auto-Reload Visible Tabschrome://flags/#enable-offline-auto-reload-visible-onlyEnable
Experimental QUIC protocolchrome://flags/#enable-quicEnable
Hyperlink auditingchrome://flags/#disable-hyperlink-auditingdisable
Override software rendering listchrome://flags/#ignore-gpu-blacklistEnable
GPU rasterizationchrome://flags/#enable-gpu-rasterizationEnable
Number of raster threadschrome://flags/#num-raster-threads4
Accelerated 2D canvaschrome://flags/#disable-accelerated-2d-canvasEnable
Experimental Web Platform Featureschrome://flags/#enable-experimental-web-platform-featuresEnable
FontCache scalingchrome://flags/#enable-font-cache-scalingEnable
Scroll predictionchrome://flags/#smooth-scrollingEnable
スポンサーリンク

Androidの設定でChromeを軽くする

Chromeを軽くする方法は、Androidの設定でも軽くなります。

このAndroidの設定は、以前に記事にしています。よかったら、参考にどうぞ!

Androidの設定で、[開発者向けオプション]という隠し設定が存在します。

この[開発者向けオプション]を使って、重いChromeを見た目と、中身を軽くしていきます。

※この設定をすると、古いアプリなどが起動しなくなります。

開発者向けオプションの表示方法

  • 本体設定を開く
  • 本体設定の[端末情報]又は[タブレット情報]をタップ
  • その中に表示されているビルド番号を数回から数十回押す
  • 本体設定に戻り[開発者向けオプション]が表示されてればOK
  • 又は[開発者向けオプション]の中の[開発者向けオプション]をオンにすればOK

開発者向けオプションが表示されない場合

  • 本体設定を開く
  • アプリの項目をタップ
  • [アプリ]又は[すべてのアプリ]から[設定]をタップ
  • その中に表示されている[データを消去]をタップ
  • 開発者向けオプションの表示方法をもう一度試す

ウィンドウアニメスケールを変更

  • 開発者向けオプションのウィンドウアニメスケールをタップ
    [描画]項目の中にあります。
  • アニメーションスケールを0.5倍に変更する

トランジションアニメスケールを変更

  • 開発者向けオプションのトランジションアニメスケールをタップ
    [描画]項目の中にあります。
  • トランジションアニメスケールを0.5倍に変更する

アニメーター再生時間スケールを変更

  • 開発者向けオプションのアニメーター再生時間スケールをタップ
    [描画]項目の中にあります。
  • アニメーター再生時間スケールを0.5倍に変更する

GPUレンダリングを変更

  • 開発者向けオプションのGPUレンダリングを使用をタップ
    [ハードウェアアクセラレートレンダリング]の項目にあります

HWオーバーレイを変更

  • 開発者向けオプションのHWオーバーレイを無効をタップ
    [ハードウェアアクセラレートレンダリング]の項目にあります
スポンサーリンク

開発バージョンのChromeで軽くする

スマホ版ChromeでAndroid限定になってしまいますが、実は開発版Chromeを使用する事ができます。

この開発版Chromeは、試験的な機能などが使えて、Chromeが軽く、ページの読み込み速度も中々速いです。

しかし、この開発バージョンのChromeは、安定した動作が保証できないので、サイトやブログなどを閲覧中にいきなり、Chromeが終了したりする事があります。

どうしても、軽いChromeを使いたい!って人や、目新しい機能を試したい人などに、おすすめです。

Androidスマホで試せる、開発バージョンのChromeは3種類存在します。
Bate・Dev・Canaryと開発バージョン存在しますが、名前が違うだけで開発バージョンなのは代わりはありません。

Chrome通常に使える安定したChrome
Chrome Beta安定して使える一歩手前のChrome
Chrome Beta
Chrome Beta
Developer: Google LLC
Price: Free
Chrome DevBetaより先のバージョンのChrome
Chrome Dev
Chrome Dev
Developer: Google LLC
Price: Free
Chrome Canary新機能を最先端で使えるChrome

Chrome Canaryは当たり前ですが、他のChromeより軽いですが、AndroidのOSなどで逆に遅くなる事もあります。

スポンサーリンク

もっと、スマホ版Chromeを軽くするには…

今回は、紹介していませんが、Androidのメモリの使用量を抑えるなどの、他にも色々な方法でスマホ版Chromeを軽くする事ができます。

詳しい情報などは、こちらの記事に書いてあります。

スマホ版Chromeの中に表示される、広告を消すともしかしたら、もっと軽くなるかもしれません。

他にもスマホ版Chromeについて詳しく書いているので、よかったら読んでください。

コメント