「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

ツール

スマホを毎日利用していると、スマホが熱くなったり、スマホを充電している時に熱くなってしまったりする事があるとおもいます。

スマホの熱くなる問題として、

今回はスマホが熱くなってしまった時に充電しても大丈夫なのか?
スマホを充電している時に熱くなっても大丈夫なのか?

という問題を見ていきます。

スポンサーリンク

スマホが熱い時に充電したらダメ

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

結論から入ってしまいますが、スマホが熱い時は充電はできるだけしてはいけません。

これはスマホが熱を持っている時に、充電をしてしまうとスマホにかなりのダメージを与えてしまうため、できるだけスマホが熱くないときに充電しましょう。

また、スマホを充電している時に熱くなってしまった場合も、充電をしてはいけません。

スマホにとって適切な温度とは?

スマホの適正温度というのは、メーカーによったりスマホの気密性や防水対応によって変わったりします。

大手スマホメーカーのAppleが発表しているスマホの適正温度を基準としてみていきましょう。
・スマホ周囲は0° ~ 35℃でもっとも良く動作します。
・スマホの保管は -20º ~ 45℃ の場所に保管してください。
https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/

これを指標に、自分のスマホの状態を確認してください。

スポンサーリンク

スマホが熱い時に充電したらダメな理由

スマホが熱い時に充電をすると、発生する不具合などを見ていきます。

バッテリーの劣化が早まる

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

スマホのバッテリーは、消耗品ですが、通常の使い方だとそれほど激しい消耗は起こりません。

しかし、適切な温度での充電をしなかった場合、スマホのバッテリーにかなりの熱が溜まってしまい、バッテリーの劣化スピードがかなり早くなってしまいます。

また、スマホのバッテリーの劣化が早まると、バッテリーの中にガスが溜まっていき、バッテリーが膨らんでくる事があります。

バッテリーが膨らむと、発火や通常時の充電が正常に行われない可能性が高くなり、かなり危険な状態になります。

スマホの基盤が壊れる可能性がある

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

スマホの充電は通常は、電力制限がかかって、適切な電圧と電流がながれ、バッテリーの劣化を防ぐように充電されます。

しかし、スマホが熱い状態での充電は、この電力制御する部分がショートしてしまい、スマホが起動しなくなります。

スポンサーリンク

スマホを充電すると熱くなる理由と原因

普通にスマホを使っているときは、熱くならないけど、スマホを充電していときに熱くなってしまう理由と原因を見ていきます。

スマホの充電器の不良・劣化

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

充電器の接触不良や、充電器の劣化は、スマホに安定した電気が供給されないため、スマホのバッテリーに熱が持ち始める事があります。

これは、スマホに充電器がしっかり刺さっていない事でも起こります。

また、スマホの充電器が壊れていたり、スマホの充電器が壊れかけている場合にも、スマホが熱くなってしまう事があります。

スマホの充電器が新品でも熱くなる場合

スマホの充電器が新品の場合でも熱くなることがあります。

それは、かなり安物の充電器を使ったときなどにも、スマホが発熱することがあります。

iPhoneの場合は、Apple公式のMFI認証がしっかり登録されている充電器を使いましょう。

 

MFI認証とは?

MFI認証とは、Appleが質の悪い充電ケーブルをなくすために、作るられたAppleの公式認定の証です。

この「MFI認証」と書いていないLightningケーブルは、Appleが公式認定していない、質の悪いLightningケーブルの可能性が高いです。

Androidの場合は、iPhoneみたいにGoogle公式認証の充電器が存在しません。

なので、有名メーカーの充電器を使用する事をおすすめします。

スマホのバッテリーの劣化・不具合

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

スマホのバッテリーは、消耗品です。

通常使用したスマホのバッテリーでも、1年半~2年程度でバッテリーの劣化が起こってきます。

バッテリーが劣化した状態でも、通常は充電しても大丈夫ですが、過去に過充電やスマホのバッテリーに熱を与えるような、充電をしていた場合は、スマホのバッテリーに不具合が発生している事があります。

不具合を抱えた状態のバッテリーは、通常のバッテリーよりも熱くなりやすいです。

バッテリーの交換

iPhoneを使用している人は、AppleCareなどの公式サービスでバッテリーの交換などをしてもらえます。

また、各キャリアメーカーなどもiPhoneのバッテリー交換サービスなども存在します。

AppleCareや、キャリアメーカーなどの修理サービスを受けられない人は、iPhoneの修理専門サービスで修理できます。

新しいのに買い替え

スマホのバッテリーの劣化は、使用している限り必ず起こります。

2年以上同じスマホを使っている人は、買い替えなども検討する事をおすすめします。

高速充電の代償

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

最近のスマホはバッテリー容量の増加の影響で、高速充電ができるスマホが増えてきています。

また、スマホの充電器自体も高速充電できるものが沢山増えてきています。

この高速充電はかなり便利な機能ですが、通常の充電よりもスマホのバッテリーにかなりの電気を流すようになっているせいで、バッテリーが発熱してしまいます。

外気が熱い・直射日光があたっている

スマホのから発せられる熱以外で、スマホが熱くなる事もあります。

熱い場所でのスマホの充電や、日が直接あたる場所での充電などはスマホに異常がなくても、スマホがかなり熱くなってしまったりする事があります。

また、夏の車内などの充電はかなりスマホが熱くなってしまいます。

過充電している

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

スマホの過充電はスマホのバッテリーが熱くなってしまう原因にもなります。

しかし、最近のスマホは過充電を防止するソフトウェアが中に入っているので、過充電にならない用になっています。

しかし、ソフトウェアで過充電が防がれるようになっていますが、充電器をずっとスマホに繋いでおくのは、スマホの負担になります。

過充電防止充電ケーブルなどを使って、スマホの寿命を伸ばす事もできます。

バッテリーの充電は何%から?

スマホのバッテリーは50%から充電するのが、一番スマホのバッテリーに優しい充電になります。

充電しながら使用している

充電しながらのスマホの使用は、バッテリーに凄い負担がかかり、バッテリーが熱くなってしまいます。

どうしても、すぐにスマホを使う必要がある場合を除き、充電しながらはスマホを使用しないようにしましょう。

スマホの中の基盤が接触不良がある

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

充電は、スマホのバッテリーの直接電流が流れるわけではなく、電力制御で電力を制御しながらバッテリーに電気が供給されます。

しかし、電力制御の部分やその他の基盤などが、接触不良や劣化や湿度でのサビで基盤が、壊れている場合があります。

スポンサーリンク

スマホが充電中に熱くなってはいけない理由

スマホにとって、最適な温度範囲は16℃~35℃となっています。

環境対応車普及方策検討会の情報によると、バッテリーは45℃以上を超えると劣化が著しく早くなってしまします。

https://www.env.go.jp/air/car/comm_erv-dm/21-04/mat02.pdf

バッテリーの劣化や、スマホを長持ちさせたいなら、できるだけスマホが熱くなりすぎない用に、充電しましょう・

また、スマホ周辺の温度も大事です。
なかなか厳しいですが、35℃を来れる周囲温度にスマホをさらさない事も重要です。

スポンサーリンク

スマホが充電中でも多少熱くなっても大丈夫?

「スマホが熱い」となる原因は充電かもしれません!原因と対策方法

スマホを充電するにあたって、多少はどうしても熱くなります。

スマホに搭載されているバッテリーは、ほとんどがリチウムイオン電池という物が使われています。

このリチウムイオン電池は、どうしても充電をしていると熱が出てしまいます。

得に高速充電ができるスマホや、高速充電器などは、どうしても通常の充電よりも熱くなってしまいます。

スマホを触ったときに、熱いと感じないほどの熱さなら、気にする必要はありません。

スマホを長持ちさせるなら、熱い時の充電はダメ

充電中にスマホが熱くなったり、スマホが熱い状態で充電するのは、問題なく充電できる事もありますが、それはスマホの寿命を削って充電しています。

スマホを長持ちさせたい人や、スマホのバッテリーの劣化を少なくしたい人は、気をつけながら充電してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました