スマホゲームコントローラー勝てるおすすめの選び方

コントローラー
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

PUBG MOBILEのリリースで、スマホにもバトルロワイヤルの波が一層強くなり、近い内にフォートナイトのスマホバージョンもリリースされる予定です。

今回は、PUBG MOBILEや荒野行動などでドン勝するために、最適なスマホ用コントローラーを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

スマホ用コントローラーの選び方

スマホ用コントローラーは、PS4やSwitchなどに比べてコントローラーの規格が統一されていないため、各社が色々なコントローラーを製作・販売をしています。

数あるスマホ用コントローラーも、色々な種類や、値段も様々になっていていきなりどのモデルを買うか迷っている人もいると思います。

今回は、そんな色々なモデルのスマホ用コントローラーを色々な視点で見ていきたいと思います。

Androidのスマホ用コントローラー注意点

近年、iPhoneの強気価格やAndroidの高性能化で、日本でもAndroidユーザーが沢山増えています。

しかしスマホゲームをするならCPU・GPU的にはiPhoneにまだ軍配が上がりますが、ゲームアプリの数やリリース・またβテスト配信などはAndroidに軍配が上がります。

そんなAndroidにもスマホ用コントローラーは、存在しますが注意点が何個かあります。

Androidのスマホ用コントローラー注意点

・機種によってスマホ用コントローラーが使えない場合がある

これは、一部のAndroidの端末に設計されたコントローラーがあります。

例えばAndroidスマホの最大手のGalaxyだと、Galaxy専用に作られたコントローラーも存在します。

このように、一部の機種に限定して製作されたコントローラーも存在するので注意してください。

・接続方法によって使えない場合がある

iPhoneの場合は、iPhone5以降Lightningケーブルで規格が統一されており、スマホ用コントローラーを製作する会社も、Lightning接続でのスマホ用コントローラーで製作されます。

しかし、現在Androidには2通りの有線接続があり、一つはMicro USB Micro-B規格のUSBで2つ目は最近のAndroidはほとんど採用しているUSB 3.1 Type C規格が存在します。

画像

少し古いタイプのAndroidはほとんどMicro USB Micro-B規格が採用されています。

しかし近年、Androidの充電速度やデーター通信速度などの高速化のために、USB 3.1 Type C規格が採用されるケースがほとんどです。

このようにAndroidは二通りの規格が存在するため、スマホ用コントローラーを選ぶ場合は、自分のAndroidと同じ規格か、確かめましょう。

iPhoneのスマホ用コントローラー注意点

iPhoneは、Androidと違いiPhoneを製作する会社がAppleだけなので、iPhoneに対応したコントローラーが沢山存在します。

しかし、iPhoneはAndroidとまた違った部分で注意が必要な場合があります。

・iOSのバージョン対応で使えなくなる場合がある

iPhoneを製作してるAppleは、厳密な規格やライセンスなどにそって製作されています。

iOSのバージョンアップも厳密な修正や不正を防ぐためのバグをなくすために、行われます。

しかし、このアップデートの時に使用変更が行われ、使っているiPhoneのスマホ用コントローラーが使えなくなる可能性もあります。

・MFI認証を受けていないと使えなくなる場合がある

iPhoneをLightningケーブルで有線接続する場合、MFI認証というAppleの許可が降りないと、iPhoneでLightningゲーブルを接続しても、反応しない場合があります。

このように、「Apple認証」や「MFI認証」と書いてあるスマホ用コントローラーを買わないと、今のバージョンで使えても、今後のバージョンでは使えなくなる場合があるので、注意してください。

スマホ用でコントローラーを買う場合の注意点

AndroidとiPhoneでのスマホ用コントローラー購入にあたって、注意点を見ていきましたが、スマホとタブレットでもまた、注意点などがあるのでここもしっかり、見ていきたいと思います。

・充電しながらできないコントローラーがある

スマホ用コントローラーで、スマホと有線接続する場合に充電器を接続する場所に接続する事がほとんどです。

この場合、スマホ用コントローラーのせいでスマホに充電できない状態になります。

最近はバッテリーが大きいモデルのスマホも出ていますが、ゲームをすると凄いスピードでバッテリー残量が減っていきます。

またこのようなスマホ用コントローラー、Bluetooth接続でもスマホと一体型になっている、スマホ用コントローラーもあり、充電接続部分が覆いかぶさる状態になるので、充電出来ない場合があります。

・Bluetooth接続のプロファイルに気をつける

これはスマホだけではなく、タブレットにも言えますが、標準搭載のBluetoothにはバージョンとプロファイルが存在しています。

説明すると、凄い細かい内容で自分も全ては理解していませんが、自分の所有するスマホと、Bluetoothで接続するスマホ用コントローラーの、バージョンとプロファイルに気をつけましょう。

Bluetoothのバージョンの違いを説明。イヤホン等の選び方には注意を - DigitalNews365
【最新規格:Version 5.0に対応】Bluetooth(ブルートゥース)のバージョンによる違いを徹底解説しています。それぞれのバージョンで互換性はあるのか、Bluetooth製品を購入する際のポイントなどをまとめています。

こちらのサイトで、本当に丁寧でわかりやすい説明がなされています。

バージョン3.0と4.0の互換性について

4.0から対応しているBLE(Bluetooth Low Energy)は、4.0以降同士の機器でないと使えないので、4.0と3.0は互換性がないと言われています。しかし、機器によっては使えます。4.0対応の機器の中でBLE通信と、Bluetooth3.0以前の通信方式を兼ねそろえているものもあります。その製品を見分けるときは、Bluetoothのロゴを見て判断しましょう。

https://digitalnews365.com/bluetooth-versionから引用

 

スポンサーリンク

スマホなら一体型がおすすめ

スマホでスマホ用コントローラーを購入する場合は、私の場合は一体型をおすすめします。

やはり、スマホなので画面が小さいので、分離型のスマホ用コントローラーとなると、スマホを固定する設置場所と、自分とスマホを離す距離が必要になったり、ベットでゴロゴロしながら、できるメリットをなくしてしまったりします。

一体型スマホ用コントローラーメリットとデメリット

メリット

・スマホ向きに設計されている

・手元がわかりやすい

・iPhoneだと沢山ある

・Bluetoothでも一体型がある

・特定のゲームアプリ専用に作られている場合がある

デメリット

・充電がしにくいコントローラーがある

・スマホが手垢などで汚れる

・Androidだと有線接続のコントローラーが少ない

お手軽モデル

 

コメント