スマホにセキュリティソフトを2つ入れてもOKなアプリとだめなアプリ

ツール
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

Androidユーザーのほとんどは、セキュリティソフトの存在を知っていても、スマホにセキュリティソフトを入れている人は少ないと思います。

大手キャリアでAndroidスマホを買うと、セキュリティソフトがインストールされていたり、大手キャリアから追加サービスとして、セキュリティサービスなどの説明があると思います。

Androidスマホにすでに入っている、セキュリティソフトで満足している人もいると思いますが

1つでは不安だから2つ目のセキュリティソフトをインストールしよう!

と、迷っている人がいたら、本当に必要なのかをこの記事を読んでから、セキュリティソフトをインストールしてください。

スポンサーリンク

スマホのセキュリティソフトの種類

Androidスマホには2つのセキュリティソフトが存在し、どちらもウイルスを発見したり防いだりするのには、大切なセキュリティソフトになります。

スマホのデータを守るセキュリティソフト

これは、スマホにダンロードされたアプリや、データーなどをセキュリティソフトがしっかりとチェックして、不審な動きをするデーターなどがないかを確認するタイプのセキュリティソフトになります。

このセキュリティソフトの特徴は、Androidでアプリをダウンロードすると、写真や連絡先にアクセスしようとしてくる、アプリを正当なアクセスなのかを判断したり、ブロックしたりします。

また、偽物のアプリをダウンロードして、スマホにインストールしようとするとブロックしたりします。

このタイプで有名なセキュリティソフトだと、ウイルスバスターなどがあります。

【ウイルスバスタークラウド】

スマホの通信を守るセキュリティソフト

このタイプのセキュリティソフトは、VPNというサービスをしようして、閲覧しているWebサイトなどにウイルスが入っていないか、チェックしたり、無料Wi-Fiなどを利用した不正なウイルスが、スマホに入ってこないように、安全な通信環境にしたりする役割があります。

Nord VPNのようにセキュリティに特化した、VPNサービスがあります。

日本公式サイト【Nord VPN】

また、VPNサービスの中には、広告を全てブロックするタイプなどもあります。

2つの機能が一緒になったセキュリティソフト

上記で説明した、2種類のセキュリティソフトが1つになったタイプのセキュリティソフトがあります。

以外にこの種類のスマホで使える、セキュリティソフトは少ないですが、有名なセキュリティソフトで言うと、アバスト などが販売しています。

Avast_Software_Japan_G.K.公式サイト
スポンサーリンク

スマホにセキュリティソフトを2つ入れたらダメな例

スマホのセキュリティソフトの種類がわかったら、次はどのようなタイプのセキュリティソフトを、2つインストールしたらいけないのかを、不具合と一緒に説明していきます。

同じタイプにあたるセキュリティソフトはダメ

上記に説明したセキュリティソフトのタイプは、大きく分けて2種類ある事がわかったと思います。

この2種類のセキュリティソフトは、互いに同じ種類のセキュリティソフトが2つ入った場合、スマホに色々な不具合が起こる可能性があります。

とくに、スマホのデーターを監視するタイプのセキュリティソフトが、スマホに2つインストールされると、色々な不具合が発生してしまいます。

種類データー監視型ソフト通信監視型ソフト
データー監視型ソフト×
通信監視型ソフト×

同じタイプのセキュリティソフトを入れてしまった場合の不具合

実際に、同じタイプのセキュリティソフトを入れてしまった場合に起こる、スマホの不具合を紹介します。

現在、同じタイプのセキュリティソフトを2つ入れている人は、もしかしたら同じ現象が起きているかもしれません。

互いのセキュリティソフトがウイルス判定をする

スマホのセキュリティソフトは、データーを監視したり、データーを検査したりしてウイルスが入っていないか判定します。

セキュリティソフトが検査をすると、セキュリティソフトが他のセキュリティソフトの、データーを監視している事に気が付き、ウイルス判定をしてしまいます。

セキュリティが干渉して不具合が発生する

セキュリティソフトは一定の間隔で、データーを検査します。

ほとんどのセキュリティソフトは、データーを検査するタイミングが同じになってしまうので、この時に、2つのセキュリティソフトが一緒にデーターを検査しはじめると、スマホに変な不具合がおきたりします。

アクセス権限の設定が難しくなる

スマホに、アプリをインストールすると、写真や連絡先にアクセスする権限を要求してきます。

この時、片方のセキュリティソフトが、アクセスする権限に了承しても、もう片方のセキュリティソフトがブロックしたりする場合があります。

そうなると、アプリをインストールしてすぐに、アプリが使えない状態になってしまったりします。

スマホを紛失した時のGPSを互いにブロックしてしまう

スマホのセキュリティソフトには、スマホの紛失時にGPSを使って、スマホを探す機能がついていたりします。

しかし、この機能をいざ使おうとしても、他のセキュリティソフトが[不審なGPSの使用]と判断して、GPSをオフにしてしまいます。

スポンサーリンク

スマホにセキュリティソフトを2つ入れて良い例

互いに同じタイプのセキュリティソフトをスマホに入れると、どんな不具合が起こるか大体わかったと思います。

では逆に、スマホにセキュリティソフトを2つ入れて良い例を紹介します。

違う種類のセキュリティソフトはOK

互いに同じタイプのセキュリティソフトだと、不具合が起こりますが、逆に違いタイプのセキュリティソフトだと、互いに、ウイルスから守れない部分を補い、スマホのセキュリティを高めてくれます。

種類データー監視型ソフト通信監視型ソフト
データー監視型ソフト×
通信監視型ソフト×

おすすめのセキュリティソフトの組合せ

違いタイプのセキュリティソフトを入れると、良い事がわかったと思います。

この違うタイプのセキュリティソフトで、有料で契約するとなると、年間契約でも簡単に諭吉が1枚以上飛んで行きます。

しかし、上記でも簡単に触れた、Avastのセキュリティソフトだと、どちらのタイプのセキュリティも1つの契約でき、30日間の返金保証もついています。

Avast_Software_Japan_G.K.公式サイト

コメント